グリーンレーザーモジュールで遊ぶ



共立電子産業製のグリーンレーザーモジュール
緑色レーザーダイオードモジュール/IE-L532-3G-3-P1
波長:532nm、出力:<5mW、動作電圧:DC3V、最大径:12mm、全長:59mm(スプリング含まず)、22.5g。
※未成年(20歳未満)者への販売不可


私は年齢的にもオヤジと呼ばれる世代ですが
このグリーンレーザーには久々に興味を引かれますね
モジュールのみの販売ですが、買って来て3Vの電池を繋ぐだけで発光します
さらに電圧の安定化や電流値をUPさらに放熱の工夫やパルス化で劣化を少なくする事も可能です

モジュールの定価は7000円弱です、パーツを組み立て調整後に夜空に向けて放射したら、
はるか空の彼方まで数ミリのグリーン光線が伸びた光景は
幻想的でとても不思議な感じがしました

技術の進歩は電池2本でもこの強烈な光線を出せるんだなーと関心しました
懐中電灯を点けるのとは分けが違います
到達射程が10km以上にも達します
アニメのラピュタの光線そのものです

完全に大人用です、子供が使う物ではないですね
地上物に向けて放射する事は危険です(人がいる場合)

私は夜空にのみ向けて放射して軌跡を楽しむだけですけど
十分好奇心が満たされますね




ユニットの消費電流をクランプメーターで測定してみましたが0.4A以上の数値が出ています

最初到着時は糸のような細い微かな光線だった(5mw)ですが
放熱工夫とトリマー調整でかなり(緑が濃くハッキリ光跡が見える)UPしました

HC74シリーズのICを利用して発振パルス駆動基盤も作りましたが、パルス化すると流す電流値を大幅にUP出来るので
さらなるパワーに期待出来ます
(パルス化の場合レーザーダイオードのプラスとマイナスピンにパルス化電源から直結駆動します)

とりあえず現在の明るさでも特に問題ないのでなのでパルスユニットは外して次のモジュール時に使用予定です
次はHC74ではなくタイマーIC555を使用予定です

パルス発光100Hzを試した後から、パルス基盤を外した状態でもレーザー強度が若干UPしたようですが、気のせいかな?
到着時は殆どパワー感がない普通のモジュールだったんですけどね

今は冬場でもありレーザーにとっては気温の条件も良いはずです
住宅街で光線がハッキリ目立つので多少人目が気になりますね

雨が降っている夜なら
100mくらいはなれた場所からでも雨粒が反射して光線が分かります、
10mw以下の出力では発射している人物の数m以内しか光跡が確認できませんません、、、、



私の場合は放熱を第一に重要視して製作しています 携帯性と消費電力の関係からペルチェなどは使用不可ですね
ペルチェ素子は電流の大飯食らいなのでAC接続ならOKですが、電池使用ではお勧めしません
冬なので自然放熱が一番です、性能評価用なので見てくれはあまり気にしません、
手からの熱をカットするため手が当たる部分は厚ゴム板を貼っています、
次にモジュールを入手出来たらパルス駆動+水冷ユニット(夏場)を作成しようかな


電池2本3Vで見事に発光します


画像処理はしていません、カメラ側の感度をASA400で普通に撮影しました
空が明るく写っていますが、この日は雨が降っていたので雨粒に当たった部分が明るく光っています
写真では分かりにくいですが、肉眼でみると上空の雲が低いので雲に当たった部分が点状に明るく輝いています

この日は雲までせいぜい数百メートル位ですが、雲がなければ射程は10km以上20kmは飛んでいるかもしれません
先端が途切れているのは雲に当たっているからです

手ぶれで光線の軌跡がぶれて写っていますが、肉眼でもこれ位ハッキリ見えます
日中に日光直射部分に50m以上はなれてポイントしても確認が出来るのでかなりパワーが出ているようです
40mw〜50mw近く出ているのではないでしょうか?

雨の日はキラキラと奇麗です



  次回は黒共立モジュールを購入製作予定です
完成したらまたレポートします